収入証明不要のカードローンは意外と多い?本当に安全なのか検証!


収入証明不要のカードローンは意外と多い?本当に安全なのか検証!

収入証明不要の金融機関って本当に安全?

金融機関で融資を受ける際、店頭やウェブサイトから収入証明を行い審査を受けるのが従来の常識でしたが、ここ数年「収入証明不要」を謳う金融業者が増えており、実際に収入証明書類を提出することなく、厳密な書類審査を受けることもなくまとまったお金を借りられるケースが増えてきています。

実は、改正貸金業法施行以前は金融業者には収入証明書取得の義務はありませんでした。

つまり、融資にあたって申請者の収入レベルを詳しく審査しなくても、返済能力の範囲内であれば上限なしでお金を貸すことができたのです。

しかし、貸金業法が改正されてからは、1回の融資額が50万円を超えるか、トータルの借入額が100万円以上になるケースでは収入証明書を取得しなければ融資ができない、という風にルールが変更されました。

以上の流れから、現行法のもとでは金融業者は必ず申請者の年収をチェックすることが義務づけられているため、少なくとも形式上、「収入証明不要」の融資は行えないことになっています。

ただし、上記のルールはあくまでも「法令遵守」の範疇にとどまっており、あえて月並みな表現をすれば金融業者にとっては努力目標にすぎない、という側面があります。

現に、ネットで「収入証明不要」と検索すれば該当するカードローン会社がいくつもヒットし、実際に融資を申し込むと収入証明をせずに審査に通る場合がほとんどです。

収入証明不要といっても、金融業者側が申請者の収入レベルをまったくチェックしていないわけではありません。カードローン申請の際には、申請者本人の氏名、年齢、職業、勤続年数などが事細かに調べられます。

このうち、金融業者がとくに重視するのは勤続年数であり、「社会人として何年継続して働いているか」がわかればおおよその年収を対応表から割り出すことができ、収入証明書がなくても申請者の返済能力を正確に推定することができるのです。

収入証明不要を謳っているカードローンの審査に落ちる可能性があるのは以上のシステムが整備されているためであり、決して無審査でお金が借りられるわけではありませんので注意が必要です。

ただ、現行の法律では収入証明不要のカードローンはグレーゾーンと言えますので、収入証明不要というポイントを極端にアピールしている金融業者は要注意と考えておいたほうが安全かもしれません。

今すぐお金が必要というのでなければ、審査基準のしっかりした銀行などのカードローンを申し込むのがリスク回避の方法かもしれません。

大手消費者金融が行う審査の内容とは

tyousa

キャッシング会社に借り入れの申し込みをする時は、必ず審査が行われます。言葉からしてちょっとドキッとしてしまいますが、いったい何が見られるのか気になるのは当然のこと。

ただ、詳しい審査基準が明かされることはありませんが、お金の借り入れに関する審査なのですから収入に関することなのは当然。

チェックポイントは各社とも大体同じで、いわゆる申し込み者の「属性」から個人の信用を確認するのが基本です。

属性というのは、お金を借りて返してくれる信用度を検査するための分類分けのようなもので、いくつかの項目があると言われています。

例えば、どんな住居に住んでいるのか、居住年数はどれくらいかといった家のことや、どんな同居人がいるのかといったことなど。

一般的に考えて、持ち家で夫婦二人共働きの人なら、社会的信用度は高めですよね。お金を貸すのですから収入面は大切な要素で、勤務先や勤務年数などが重要視されるのも当然でしょう。

このように一般的に判断しやすい要素に加えて、大手消費者金融は独自の社内基準を作り、それに照らし合わせて判断していると言われています。

例えば、子供の有無、職種など、社会的信用度をどこに認めるかは各社優先度が変わる点です。反対に、絶対にどの会社でも重要視するのは、借り入れ件数です。

多重債務に陥っていないかどうかを調べるためですが、特に借りている額より借りている件数のほうが重視されると言われます。

総量規制がありますので年収の3分の1を超える貸し付けはそもそもできませんが、例え範囲内であっても件数が多いと敬遠される傾向があります。

だから、例え前述の属性が良い人であっても、すでに何社も借り入れているような場合は審査に通りにくくなるでしょう。新たに借りたい場合には、完済出来るところは完済して、取引件数を整理しておくことが望ましいのです。

平均的にどれくらいの時間がかかるのか

大手消費者金融のサイトでは、トップページにスピード診断などのボタンが掲載されていますよね。3秒とか1秒で結果がわかると書いてある場合もありますが、もちろんそれだけで借り入れOKとなるわけではないので勘違いのないように。

これは、これから申し込みをしようとする人が、そもそも受け付けてもらえるかどうかを大まかに知るための機械的な診断です。

もちろんやってみなくてもいいですが、ここで弾かれてしまうようなら、実際に申し込んでもかなり厳しい結果になることは予想できます。ちなみに、可能性があるかどうかを見るだけなので、ここでウソの情報を入力してOKを出してもまったく意味はありません。

試しにやってみただけで個人信用情報に記載されたら困るという人もいますが、原則、個人信用情報には記載されないことになっています。とは言え、融資を受ける気がないなら、遊びでやるのはやはりお勧めはできませんね。

本審査にかかる時間は各社違いがありますが、近年では大手消費者金融の融資のスピード化がかなり進んでいます。開始から40分程度で借り入れまで実際に出来ている事例もありますし、個人信用情報に問題がなければかなり期待出来るのは事実。

もちろん消費者金融側の問題だけでなく混み具合にもよるので一概に言えませんが、スピード化に企業努力していることは間違いないでしょう。

実際に融資を受けるまでには契約の締結が必要ですし、振込でなければ専用カードの発行が必要ですが、即日融資もそう難しくはありません。

ネットの普及により時間的な余裕が出てきているのは事実ですが、やはり基本は銀行の窓口が営業している15時までの締結を目指すのが無難。朝イチから手続きを進めてもらえるように、営業開始時間前には申し込みを完了しておくのが基本です。

通るには個人信用情報が一番のポイント

前述の通り、申し込み者の属性はとても重要な要素ですが、同時に個人信用情報も重要な判断基準です。そもそも自分の年齢や収入状況などを変えることは難しいですから、大事なのは個人信用情報を傷つけないこと。

個人信用情報というのはCICやJICCなど専門機関が持っている個人の取引歴で、今までに行った借り入れやローンなどもすべて記録されています。

例えば携帯電話を買い替えた時に、本体代金がローン扱いになる契約は増えていますが、それもきちんと記録されています。

他社からの借り入れなどは申込時に自己申告する欄がありますが、その内容と食い違うようでは信用はガタ落ち。例え勘違いや入力ミスだったとしても、あってはいけないことだと覚えておきましょう。

その他、特に注目されるのは収入の安定性で、例え大金を稼いでいる芸能人であっても、公務員のほうが信用度は高くなるのがセオリーです。

額はひとまず置いておいても、毎月決まった日に確実に収入がある人のほうが、貸すほうは安心。利用限度額が低くても良いなら、アルバイトでもパートでも、決まった収入があれば借り入れOKとなることが多いです。

ちなみに、他社借入件数に住宅ローンや車のローンなどは数えられないことが多いので、そこはあまり気にしなくても良いでしょう。

ただ、クレジットカードのショッピング枠は各社判断が異なる模様ですね。

カードローンでの無利息って本当にあるの?

無料 喜ぶ 女性

様々なローンを始めとする借入金には、必ず利息というものが存在しています。銀行など多くの金融業者は、利用者に現金を貸し出す事によって、業務としての収益を得ているわけです。

その収益となるものが、金利に対する利息と、手数料が利益になっています。したがって、利用者が借入金に対して利息を支払うのは当然の結果で、通常では利子が発生しないという事はありえないと言えるでしょう。

しかし、近年の金融業界では、サービスの一環として、利息なしの返済が可能になったといいますが、それは真実なのでしょうか。

金融業各界では、少しでも業務の幅を広げる為、そしてお客さまがたに活用していただけるよう、新たなるサービスの一つとして、無利息でのカードローンサービスを実施するようになってきました。

さて、広告でも見かけるように、これらのサービスが実際に行われているわけですが、利用者にとって気になるのは、その内容なのではないでしょうか。

もちろん、利息なしには裏があり、その内幕は一定の期間、あるいは一定の条件で利息なしの状況は可能です。ただし、最初に記したように、これは各社独自のサービスである為、すべて同じ条件ではないのが現実です。

利息なしにできる条件とは、各社のサービスが異なっている為、どの会社でも同じ条件ではありません。

例えば30日間利息なしであったり、60日間利息なしといったサービスも行われているようです。

しかし、その条件も各社異なっており、一定の金額が条件であったりと、初回ご利用時に限り一定の期間を利息が発生しないシステムとなっています。

つまり、ほとんどの金融会社の場合、2回目以降は通常通りの利息が必ずかかってきますので、ほとんどが一回のみのサービスとなっているのが特徴です。

しかし、一回であっても、利用者にとって有利な特典であるのは変わりませんので、上手に活用していく事が大切と言えるでしょう。利用者として、特典を受ける事ができるのは、あくまでも初回限りです。

ここで、注意しておかなければならない事は、契約時から一定期間利息なしではなく、初回利用時から一定期間利息が発生しないサービスを選ぶ事です。

あくまでも、この恩恵を受けられるのは一回限ですので、契約時からその特典が発生する場合、タイミング悪く恩恵が受けられない場合があるからです。

カードは、事前に作っておく事も可能ですので、突発的な資金調達にはもってこいの方法と言えます。